異なる人格のサイコパス|恐るべき診断の結果とその特徴

サイトメニュー

サイコパスの特徴

サイコパスの特徴

サイコパスとは、心理学用語の一つとして用いられ反社会的な人格を意味するとされ精神病質者を表す言葉になり、精神病質の定義としては周囲や社会あるは当人がその人格の為に苦痛を感じていて健常者とは逸脱した人格を持つ方としており、その特徴を見る限り通常では考えられない言動がこの人格を危険なものとして捉える事も出来ます。
特徴としては海外の犯罪心理学の学者が以下の様になるとしており、良心を持たない、冷酷、冷淡で有り他者との共感性が無い、責任を持って行動する事が出来ない自己責任能力の欠如、罪悪感が湧かない、自己への過大評価が目立ち自己中心的、慢性的につかれる嘘、表面上だけで見ると口が達者である種の魅力を感じる等と特徴付けており、他の学者からはエゴイズムや無慈悲といった表現が取られる事も有り、計画性の無い行動から人に迷惑を掛ける事あるいは傷つける事を厭わず、他者の権利は無視し好きな様に勝手気ままな振る舞いが目立つとされています。
こういった事から誰が見ても危険な人物としか表現しようが無く、国内で罹患している方は少ないとされていますが、記憶に新しいものでは佐世保市で起こった殺人事件や過去の猟奇的な事件はサイコパスであると結論付けている専門家も少なく無いとされます。
全てが犯罪を犯すわけでは無く、平然と社会に溶け込んでいる事も有り歴史的人物の中にも多くいたとされていますが、サイコパス診断の基準が難しく専門医でも取扱う事が難しいとされ一般の方に診断出来るものでは無く診断基準を他者に用いる事は控えるべきであり又、サイコパスは原因が明確になっていないので未だに療治させる事が困難な精神障害の一つとしています。
先天的な事が要因となり起こるとう説や脳の特定の分野が成熟せず未発達の状態である、あるいは健常者との脳波が全く異なる等の仮説は多岐に渡りますが、いずれも仮説に過ぎず、現代医学では解明出来ないとも言われ、それ故、治療方法は一切存在しないとされるので周囲の方は自己防衛を身につける以外に方法は無いとされています。